2019/10/26 15:37


パンの角もらいました7回目のトレーニングを終了して、1週間経ってしまいました。
いつもはすぐにブログを書くのですが、凹みすぎて書けませんでした(笑)。

今回は、新宿中央公園で主人も交えてトレーニングをお願いしました。
週末によく行くのですが、すごく困っていることがあって、
先生に見てもらえるようお願いしました。

それは主人がチャロやカイロを連れて前を歩くと、
置いてかないでーーー!!!とヒャンヒャン叫ぶことです。
引っ張るので座らせて落ち着かせようとしても、座って待ってはいるけど
声はますますボリュームアップします。
まるで虐待しているみたいな声を出すので、周りの視線が気になります。
ということで、今回はどうしたらいいか先生に見てもらいました。

先生曰く、この状態でこの場でどうにかしようとすると、対処法しかないとのことでした。
ひいたらショックをかけ、声をかけながら意識を向けさせたり、
止まって指示を出してみたり、出来ている時はちゃんと褒めてあげながら歩くことです。
では根本的な解決法はというと、やはり毎日のトレーニングでした。
そもそも私の気持ちが、私の出している指示からでは全然タコラに伝わっていないので、
もっとしっかり、伝わる指示の出し方をするトレーニングをしなければいけないと。

今回は対処法があまりにも出来なすぎて(タコラではなく自分がね)、本当に凹みました。
上手な指示がとっさに出せず、タイミングもズレズレで、
先生に指摘されて慌てて出す、の繰り返しでした。
同時に2つの事をやったり、とっさの判断も、自分の苦手はわかっているけど、
向いていなくても私しかやる人はいないんだし、同じこと毎日繰り返して練習をすれば
そのうち反射的にできるようになるかな。
翌日からまた、タコラだけに集中できるよう、散歩を2匹と1匹に分けてすることにしました。
徐々に指示が伝わるようになり、4日目には(距離を少しとれば)完璧に。
そして、今朝は新宿中央公園に。
主人&チャロ&カイロのチームと半分別行動をしたので、ヒャンヒャンはしませんでしたが、
他のワンちゃんにだいぶ吠えました。。。
やっぱりそんな急にいい子にはなれませんね。
毎日のトレーニングがんばります。

つづく