2019/07/28 14:11

(タコラ:M.シュナウザー ♀)

出張トレーニングの先生をネットで探しました。
今年の6月のことです。タコラ1歳と4ヶ月の時です。
(もうすこしで現在に追いつきます)
問い合わせをしてみましたが、あいにく現在いっぱいで距離的にも厳しいとのことでした。
公園でグループレッスンをやっているので、それに参加してみてはどうかと提案していただいたので
タコラだけで試してみる事に。

電車に揺られ30分くらいでしょうか。公園はワンコがいっぱいでした。
とにかく人見知り犬見知りなので、レッスン中はずっと緊張した様子で、
他のワンコたちがすぐ近くにいても、威嚇する余裕もない感じでした。
ただただ頼りは私だけなので、ずっと私の方を見つめてくれていました。
おすわりや待ての指示もきけて、とてもいい子でしたが、
レッスンが終わって他のワンコが挨拶に来てくれると、近づくなと1回威嚇。
狂ったように吠えることはありませんでしたが、犬と普通に挨拶なんて
ビッグすぎる夢のように思えました。
2回通ってみて、幼稚園での様子と共通する点は、
緊張状態であれば他のワンコに威嚇しない、ということでしょうか。
それどころじゃない、という感じなのかもしれません。

グループレッスン後の毎日の散歩は、1匹と2匹に分けたり、3匹一緒でしたりと
パターンと変えて試しましたが、やはりマンツーマンと3匹の散歩とでは全然違います。
やはり出張トレーニングが必要な感じです。
ということで、別のトレーナーさんに問い合わせをし
カウンセリングに来ていただきました。

トレーナーさん曰く、おそらく私に甘えているのではということでした。
だいぶ頑固そうなので、半年くらいはかかるかもしれないとのことでしたが、
お願いしました。
そして、日程を決めていよいよこれから出張トレーニングが始まります。

とその前に、私が帰省するのにタコラをお供させました。
姉が飼っているタイニープードルのコハルも合流する予定だったので、
噛んだりしないかがとても心配でした。
(去年は初対面でしたが大丈夫でした)
結果は、
コハルが私に近づくと必ず威嚇します。
姉がリードを持ってドッグラン内を歩いて、コハルや他のワンコが
近づいてきても威嚇はしません。
両親には警戒してあまり近づかなかったのですが、徐々に慣れてきたかなと
いうところで、事件が起こりました。
タコラが安心できるスペースで寝ていたところに、父が近づいて行き、
上から頭を触ろうとして、噛まれそうになってしまいました。
父も腹が立って大きい声で怒ってしまったので、
それからは父の動きを常に気にして、一定の距離を保つように。。。
大好きなご飯も残していました。
繊細で警戒心が強く、飼い主がそばにいる時だけ強気になって威嚇するタコラ。
なかなか難しい子です。
出張トレーニング頑張るしかないですね。

つづく